田七人参 白井田七

白井田七。田七人参Select!

「痛風改善」には田七人参がいいの!?尿酸値が高めの人に白井田七

更新日:

痛風は、ある日突然、足の親指などが赤く腫れあがり、激しい関節炎に見舞われる病気です。

かかった人にはかなり辛い病気ですが、この病気の辛いところは一度かかると再発しやすく、完治するのが難しいところです。

痛風の原因は食生活の乱れや不規則な生活なので、この痛風をきっかけに、本格的に体質改善に取り組み出す人も多いのではないでしょうか?

そんな痛風の症状にも「田七人参」は効果が高いと言われています。

田七人参には、「サポニン」「フラボノイド」「田七ケトン」「デンシチン」「有機ゲルマニウム」「アルギニン」「パナキサトリオール」「鉄」「ビタミン」が主な成分として含まれており、それらの相乗効果から様々な健康効果を招いてくれます。

■痛風とは

痛風痛風とは、体内の新陳代謝によってできる「尿酸」の増加によって起こる病気です。

尿酸の体内量は正常であれば一定に保たれており、日々作り出された尿酸は同量が排泄されています。

しかし様々な要因で体内の尿酸量が増えると「高尿酸血症」になり、血液中に溶けきれなかった尿酸が結晶となって関節に沈着し、足の付け根から激しい痛みが起こるのが痛風発作です。

■痛風の要因になる尿酸とは

いくら激しい痛みを引き起こす痛風。

痛風のもとになる尿酸は、「プリン体」といわれる物質が原料で、プリン体は
(1)食品から摂取
(2)新陳代謝により古い細胞が分解され出てくる
(3)急激にエネルギーを使うと作りだされる
特徴があります。

そのため、痛風予防にはプリン体が多いとされている魚肉類の内臓や干物を食べることを減らし、アルコールは1日1合と決め、ストレスをためない様に心がけ、腹八分目の食事にすると良いでしょう。

さらに、痛風に効果があると言われているのが「田七人参」です。

その仕組みをご説明しましょう。

■痛風と田七人参の関係性

ハート田七人参には肝機能を高める効果があり、アルコール摂取後も尿酸の生成が抑えられます。

また、田七人参には血液を良くし体の代謝を高める働きがあることから、尿酸が増加しても痛風の原因となる結晶ができにくくなります。

さらに、田七人参に含まれる「デンシチン」「有機ゲルマニウム」という成分は炎症や痛みを和らげてくれる成分のため、痛風発作の激しい痛みを和らげてくれる働きもあります。

■さいごに

もちろん、田七人参があるから痛風になっても大丈夫というわけではありません。

暴飲暴食・ストレス・不規則な生活は様々な病気の引き金にもなります。規則正しい生活と3食バランスの良い食事を心がけ、日頃の健康管理のために田七人参を摂取されることをおススメします。

田七人参は、糖尿病や心臓病の予防や血流を良くする働きなど身体に嬉しい働きを沢山してくれます。

日常生活に取り入れやすいサプリメントで田七人参の成分を取り入れてみませんか。

これがオススメ

白井田七サポニン含有量90mgの漢方サプリ『白井田七』は田七人参の粉末を固めただけのシンプルさ。 手軽に飲めて尿酸値を下げる効果のあるサポニンしっかり含まれているので、手軽にすっきりしたい方にはオススメのサプリです。

『白井田七』の詳細はこちら

-白井田七の基礎知識

Copyright© 白井田七。田七人参Select! , 2018 All Rights Reserved.