田七人参(でんしちにんじん)でめざす快適「血めぐり」生活

白井田七。サプリSelect!

副鼻腔炎の悩みには「カテキン」が最適!【白井田七。茶】の成分

更新日:

鼻づまりや鼻水が長引き、痛みや嫌な臭いまでしてくるのが「副鼻腔炎」。喉の痛みも伴うことがあり飲み物が喉を通りにくい場合もあります。

そんな副鼻腔炎は、風邪ウイルスや細菌・アレルギー・鼻の形などが原因とされています。他にもストレスや歯の炎症・偏食・大気汚染なども原因として考えられています。

そこで今回は、副鼻腔炎を予防や治療に身近にできる方法をご紹介したいと思います。

カテキンを摂取する

緑茶カテキンは、ポリフェノールの一種で、渋味や苦味のもととなる成分です。

カテキンには、強い殺菌力・抗菌力があり細菌やウイルスから体を守ってくれる働きがあります。そのため副鼻腔炎を予防したり症状を和らげてくれる働きがあります。カテキンは緑茶から摂取できるので、日頃のお茶に取り入れてみると良いでしょう。

さらに、副鼻腔炎の症状で困るのが口臭です。

副鼻腔炎になると鼻の奥に膿が溜まってしまいます。その膿の臭いが口から発せられ口臭が臭くなることがあります。

カテキンの殺菌力・殺菌力は、口の中の細菌の増殖を抑えて口の中を清潔に保ち口臭を予防することもできるので、副鼻腔炎になった際には摂取することがおススメです。

カテキンの効率的な摂取方法

茶畑カテキンは緑茶に多く含まれている成分のため、日々の飲み物を緑茶にすることで効率的に摂取することができます。

とはいえ、飲む際に知っておいていただきたいことがあります。

それは、お茶に含まれるカテキンをはじめとする有効成分は、一番煎じと呼ばれる最初に煎じたお茶の約40%、二番煎じたお茶の約20%が茶殻に残っているのです。つまり、茶葉も摂取することでカテキンを余すことなく摂取できるというわけです。

また、緑茶に含まれるカテキンは、日の光をよく浴び光合成が行われることで増えます。

そのため、緑茶によって日の光にあてる時間とさえぎる時間を変え味や深みに違いをもたせていますが、カテキンを多く摂取するには日光によくあたった緑茶がおススメです。

まだまだあるカテキンの力

血圧計カテキンには殺菌力・抗菌力以外にも様々な力があります。

例えば、血中のコレステロールの増化を抑制する力があるため高血圧や糖尿病をはじめとなどの生活習慣病の予防になります。

また、強い抗酸化力をもつことから活性酸素の増加を抑え、老化や生活習慣病の予防になります。

さらには、消化酵素の働きを抑え、じっくり時間をかけながら消化を行うことを促すことで、血糖値の急な上昇を抑える効果があります。そのため糖尿病の予防に効果的なのです。

このように副鼻腔炎の予防・症状の緩和だけでなく、生活習慣病などの病気の予防にもなるカテキン。是非、手軽な飲み物から見直して摂取していきましょう。

これがオススメ

白井田七。茶緑茶のカテキンパワーと漢方田七人参のW効果!『白井田七。茶』はたった一杯の中に健康によい成分が盛りだくさん。
粉末なのでお湯に溶かすだけでいつでも飲める手軽さも◎です!
高級茶葉を使用した緑茶本来の味をぜひ一度味わってみてください

『白井田七。茶』の詳細はこちら

-白井田七の基礎知識

Copyright© 白井田七。サプリSelect! , 2018 All Rights Reserved.